作成者別アーカイブ: admin

TOPIKの試験会場、東京外国語大学の様子

【2019年7月7日受験】TOPIK I を受験してわかったTOPIK当日の様子(東京外国語大学府中キャンパスにて受験編)

東京外国語大学府中キャンパスの様子

今日、初めてTOPIK(韓国語能力試験)を受験してきた。このTOPIKと言う試験、試験問題(後述のリンク)を見て見ると

問題文から全て韓国語

と言うなかなかなハードパンチャーである。

会場に到着するまで

今回、JRで武蔵境駅から多磨駅に向かった。武蔵境駅は始発駅のため、行きは問題なく座れた。電車内を見渡すと、韓国語の教本を見ている人が多いことに気がつく。そっか、ではこの人たちについて行ったら会場に着くんだなと一安心した。

TOPIK韓国語能力試験_多磨駅と東京外国語大学府中キャンパス
「多摩」駅ではないことにご注意!

会場に到着後

会場に着いてからは受験番号によって、受験するための部屋を案内される(日本語の張り紙があった)。

・集合時間は9:30、

・試験開始は10:00

にも関わらず、なぜか9:30から試験管の人が試験の説明をし、自分の受験番号を答案用紙に記入するよう促された。9:30の時点でほぼ8割近い人が席に座っていた。なお雨だったせいか、1割近くの空席があった。

席の様子

席は隣の人と2つ空いた席に座る(これは受験地によって違うだろう)。席の上には、ハガキサイズの稲色の封筒が全ての席に置かれており、少し戸惑う。手元には、「当日会場で配ります」と事前の資料に書かれていたペンが置かれていて、「なるほどこういうペンなんだな」と言う感じだった。どこにでもあるペンだった。マーキングにしやすいも何もないと思うが、このペンはとてもマーキングがしやすかった。

部屋にいた試験管から奇数番、偶数番の説明を受け、ここでようやく自分の受験番号が偶数番の場合は偶数の箇所にマーキングを、奇数番の場合は奇数番の箇所にマーキングする必要があるらしいことに気がつく。なお、事前に届いた資料においては、

・奇数番は奇数番をマーキング

・偶数番は偶数番をマーキング

と言うことだけが書かれていて、「一体なんなんだこれは」と思っていた謎が一つ解けた。

すると試験管が携帯電話を回収すると言い始めた。一体どうするんだろうと思いきや、先ほどの封筒に受験番号と名前を書くように促された。「こんなしょぼい封筒で試験結果を送ってくるのか?」と思った瞬間、封筒に電源を切った携帯を入れて、前に持ってくるように言われる。なるほど、こんな斬新な回収の仕方があるのか、と少し感動した。

そして試験。どうやら、奇数番と偶数番は、解答用紙の中身が異なっているらしく(リスニング問題は全員共通だったので、回答の位置が違っているのか?)、奇数番と偶数番の意味がここで明らかになった。

試験中

試験官が回ってきて、身分証明書(机の左上に置くように指示された)と試験官の手元写真との照合が行われ、回答用紙の欄に「承認OK」と言う意味合いのハンコを押された。

試験終了後

わら半紙封筒に入ったスマートフォンを受け取り、終了。試験官の人が、「この部屋を出たら一切スマートフォンの受け取り違いには対応できません」と言っており、特に誰も申し出なかった際にこわばっていた表情が一瞬緩んだのを見て、「すごく緊張してるんだな」と言うのが伝わってきた。

試験結果

8月ごろにネットで見ることができるらしい。

試験の手応え

約80問近くあるんだけど、満足に「これは行けたな」と言うのは3問だけ。もう少し真面目に、具体的に言うと「覚える」作業をやらなきゃな、と言う印象。一方、聞き取りテストは極めてゆっくりで聞き取ること自体はできているので、言葉との対応だけつけられれば、次の10月20日試験はもう少しできるだろうと感じた。

アインシュタインの名言と日々の行動

アインシュタインの名言に、

Insanity is doing the same thing over and over again and expecting different results.

と言う言葉がある。

まあ、なんて言うかこのトラップに最近結構はまってしまっていて、

帰宅する → ご飯を食べる → ソファに横たわってテレビを観る → 気づいたら寝落ち → 深夜0時に起床 → シャワーを浴び歯を磨いて再度就寝

と言うことを繰り返していた。

寝落ちすると睡眠の質も浅くなるので、帰宅後に速攻試験的にシャワーを浴びることをしてみた。

帰宅する → シャワーを浴びる → ご飯を食べる → ソファーに横たわってテレビを観る → 気づいたら寝落ち → 深夜2時に起床 → 歯を磨いて再度就寝

やれやれだぜ・・

次は

帰宅する → シャワーを浴びる → ご飯を食べる → 歯を磨く → ソファーに横たわってテレビを観る → 意思を持って就寝

とかに行動を変えてみようと思う。

6年ぶり2度目の予期せぬ全削除

あれは確か2013年のことだったと思うんだけど、ロリポップで色々設定していたwordpressのブログ記事を全て削除したことがあった。

そして、今回、それを自分のプライベートgoogleCalendarで全削除した。予期していないことだったので、少し「やってしまったな」と感じたが、正直そこまでの精神的ダメージはなかった。これからまた入れていけばいいだけだし。去年の年末、毎日googleAppsScriptの勉強をしている過程で作り出してしまった不要な定期的な巡廻予定も削除できたし、良しとしよう。

「本当の翻訳の話をしよう(村上春樹/柴田元幸 著)」を読んだ。

「本当の翻訳の話をしよう(村上春樹/柴田元幸 著)」を読み終えた。読み終えた中で感じたのは英語で言う「I」を

「私」と訳すか / 「俺」と訳すか /「僕」と訳すか

と言う観点が面白いと感じた(例えば、「俺」と「私」の中間を表す言葉が欲しい、とのこと)。

なるほど、確かにフィリップ・マーロウの一人称ってどれが一番いいんだろう、と言うのは少しわかるような気がする。この本を読んでて良かったのは、

ジャックロンドン / ヘミングウェイの短編

についても言及があり、ジャックロンドンは全く読んだことがないので今後読んでみたい本として良さそうだと感じたこと。さらに、

「一部の英作家は文章が難解なので、それをいかにして伝わるようにできるかが翻訳において重要になる」

と言う点は、

「そっか、原著よりも翻訳を読んだ方がより物語が楽しめそうだな」

とこれまでは

「基本、原著の方がいいのではないか」

と思っていた分、新鮮に感じた。意訳は明らかに意味を取り違えていない限り、娯楽としては十分に意味があるわけだし。

と言うことで、今日はブックオフで偉大なるギャッツビーを買ったのでこれから読むのが楽しみである。

kindleでナルト全巻通読中。

愛用しているkindle

メリット:
① プッシュ通知がこない
② iPadより、軽い
③ wifiにつながってると、長編漫画で「次の巻」を開くことができる

デメリット:
① 読書以外に使えない
② 意外に「戻る」UIが不便
③ 本によってはiPadのほうが見やすい

てな具合に一長一短が割と激しいので、iPadとkindleを併用している。

apple is GR8

inspired by “本能” artwork

最近椎名林檎をitunes musicで聴くことができるようになった。
初めて椎名林檎を知ったのは、確か中学校三年頃だったような、そんな気がする。

新しい曲、新しい人の開拓をやめたいとは思わない。
でも、
・昔聞いた曲、
・CDを買う金がなくて聞けなかった曲、
そんなのが月額たった1000円で聴けるなんて、ほんとにすごすぎる、と感じる。
ありがとうapple。

XiaomiのAmazfitがすごく使える。

XiaomiのAmazfitを買った。
通算3台目のXiaomi製ヘルストラッカー。

これまで、
・ディスプレイなし → 簡易ディスプレイ → ディスプレイ付き
の3つを使ってきた。

イメージ図。色は微妙に違う。

おおまかに、Xiaomiのヘルストラッカーについている機能は、
・時計(ディスプレイ付きのみ)
・アプリの通知を受ける
・睡眠トラッカー
がある。

今回のAmazfitは見た目は完全にAppleWatchなんだけど、電池の持ちが半端ない。
そもそも、アプリの通知とか自分には必要ないので、自分にはぴったりだ。

ということで、今現在心拍数を24時間モニタリングできる(専用のiPhoneアプリを使って)状態にし、日々心拍数のモニタリングをするのが楽しいなと感じている。

Amazfitと合わせて時計のバンド(ミラネーゼループ)も買った。
1500円くらいだったんだけど、こんなに安いと正直Appleの純正品である必要があるのかな?と感じた。