月別アーカイブ: 2018年2月

雑音をシカトしてとにかく動かす

日々仕事をしていると、しょうもない雑音がいろいろ生じることがある。
これらに頭がとられると、なかなか仕事に集中できないことが有る。
にんげんだもの。

「この人暇なんだな」
という風に冷静に処理できたら良いが、変に絡んでくる場合が有るのがたちが悪い。

どうやったらこの人達を華麗にスルーできるのか考えた際に、
「こうしたらいいのではないか」
ということを思いついた。

その名も「お客様は上顧客様作戦とみせかけた兵糧攻め」。
正直、
「四の五の言わずにやってよ」
だったり、
「どうでもいいから成果だしてくんない?」
って言いたくなることって死ぬほどあるんだけど、無視しつつ、やってく感じだよなー。

こっちに絡んで来れなくするために、
・いかにしてダンイシューにしつづけるか
ということ。

やれやれだぜ。
あ、そう言えば俺の大好きな「以上、終了」ってのは「ダンイシュー」ってことなのか・・・
納得。

調子に乗ると足元を救われるスパンが3ヶ月に一回くらい有るような気がしてるんだけど、その一環かなくらいと捉えたり。
ただ、ノイズのレベルが変わってきているのは感じていて、萎えることもかなりあるけど、
「未来から見て、今はどうあるべきなのか?」
ってことを忘れないようにしたい。

そうすると、目の前のしょうもない問題が愛おしいような気もしてくるので。

やる気の出ない時の対処法

大抵何かが溜まってたり、停滞してるから精神的負担でやる気にならないだけ。
小さいことでいいから少しづつ動かして、いつのまにかすごく進んだ状態にする。

秒殺で課金しろ

ウェブサービスを創っている過程で感じたこと。

「キラー機能が実装できてから」
「ユーザー価値が増えてから」
「ユーザー数が増えてから」
って判断・決断を遅延してしまいがちなんだけど、
「いかにして課金するか?」
を考え、実行し続けていく過程で、当たる確率が上がる。

プロダクトを通してのデザインも大事なんだけど、そんなことより課金のやり方。
みたいなことを感じた濃い一週間(数ヶ月・数年の集積として)だった。